トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2000/07/05(水) NO.52号 

「自民党的政治」が問題

 今朝8時から、自民党本部にて私が小委員長を務める「企業会計に関する小委員会」を開き、選挙中に大蔵省にて詰めを行った民営化する会計基準設定主体の新たな姿について報告を受け、注文をつけた。おそらく選挙が終わってから最初に開かれた政策に関する会合だったのではないか。
 
 10時、同じ党本部にて、仮称「自民党を刷新する会」の幹事会を開く。無所属で当選した私の同級生の奥さまである上川陽子さんも参加。昨日の両院議員総会で議論が封じられ、全くの閉塞状態のままの自民党の現状打破をどうするか、多いに議論。単なる執行部批判ではなく、今回NO!を突き付けた有権者からのメッセージは、「自民党的政治をやめてくれ」だったはず、との認識から、主流派、非主流派など了見の狭いことではなく、また地方で支えてくださっている自民党員・支持者をも巻き込む運動にもしなくてはならない、との意見で一致。名前も建設的、前向きに「自民党の明日を創る会」とする。
 
 代議士会で初めて発言。改めて正式会合である両院議員総会の早期開催と、そごう問題に関する早期の党内論議を要求したが、両院議員総会に関してはほとんど無視された。党則第33条には「両院議員総会は党の運営および国会活動に関する特に重要な事項を審議決定するもの」と書いてある。執行部の皆さんは今回の事態に「特に重要な事項」が存在していないとでも思っているのだろうか?オープンな議論があるダイナミックな政党をやめてしまえば、自民党にもう明日はない。
 
 それにしても、党内が余りにも静かなのに驚きと寂しさを感じる。

バックナンバー

2000/07/05 NO.52号
「自民党的政治」が問題
2000/06/29 NO.51号
若者が逃げていく政党に明日はない
2000/06/28 NO.50号
まずは選挙のけじめだ
2000/06/27 NO.49号
債権放棄、債務免除はどこまで許されるか?
2000/06/26 NO.48号
ただただ感謝です!!