トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2001/11/04(日) NO.233号 

第一、第三養護学校文化祭に行く

 今日も文化・スポーツイベントが松山市内中に展開されている。朝、道後中学で、道後小・道後中・湯築小三校対抗ソフト、バレー大会の開会式に参加。私は今やOBチームの一員だが、今日はスケジュールがタイトで試合には出られず。残念。
 重信町の第一養護学校と第三養護学校の文化祭にごく短時間ではあったが、初めて伺う。初めに行った第三養護では体育館でちょうど発表が始まったところ。高等部のダンス、なかなかエネルギッシュ!暗くなった体育館で、ふっと横を見ると、勉強会をご自宅でやってくださって以来親しくさせて頂いている藤井さんがすぐ隣におられ、びっくり。
 次のソプラノ独唱に感服。先般、県民文化会館での県大会で4位に入賞された三浦奈津美さんがやさしく柔らかい喉を披露され、何かすがすがしい気持ちにさせてもらった。
 急ぎ第一養護へ。PTA会長さんが学校内を一回り案内してくださった。帰り際に、保護者の間で期待が高まっている北九州市にあるような「総合療育センター」的な総合施設のイメージペーパーと、以前から企画していたアンケート結果を下さる。アンケートは「聞かせてもらっていいですか--生活実態調査アンケート結果、重症心身障害児(者)を介護する方たちに実施」と題するもの。「私たちは何をしなければならないか、何ができるか、何に困っているか、何が大変か。障害児(者)を知らない人達に知ってもらうために私達にしかできない、本当の生活を表わしたいと強く思いました」との思いで実施された。余りにも少ない公的サービスの向上を願う声だ。じっくりと、そしてしっかりと勉強させてもらおう。
 
 両校ともの文化祭をじっくり見ることができず残念でした。来年はもっと時間を作って両校に来よう!!

バックナンバー

2001/11/06 NO.234号
政策立案に特化した大学院
2001/11/04 NO.233号
第一、第三養護学校文化祭に行く
2001/11/03 NO.232号
下手な歌をまた歌う
2001/10/30 NO.231号
中国の存在感の大きさを改めて感じる
2001/10/29 NO.230号
同級生再会!