トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2008/11/14(金) NO.493号 

ウサギとカメ(11月14日)

 先日、心温まる興味深い柔道大会があった。「第一回米ちゃん杯柔道大会」だ。松山市にある「愛媛県三津浜柔道会」の中心的指導者の一人である山口米雄さんが提唱者。山口さんは今月8日に還暦を迎え、月末で会社を定年退職、今後は柔道一筋で子ども達を育てようとされている。ご長女は全国に7名しかいない女性柔道国際審判員でもある。

 米ちゃんこと山口さんが企画したその柔道大会は、過去3年間、各種大会でベスト4に一度も入ったことのない子ども達だけを集めた大会だ。要は最近一度もメダルを取ったことのない子ども達にチャンスを、と言う趣旨だ。冒頭挨拶で山口さんはこう話しかけた。「ウサギとカメの話しを知っているだろう?人はそれぞれで、君たちは今のところ『カメ』だ。しかしカメは地道に努力を続ければ、最後はウサギを追い越してゴールに到達して、勝つ。だから君達には柔道を好きであり続け、いつも諦めずに頑張り通して欲しい。」

 うーん、なるほど。試合が始まると、ちびっ子選手達は、普通の試合では見られないほどの気迫で相手に立ち向かい、全力で闘っている。優れた指導者とは、こうやって子ども達の秘めたる力を上手に引き出すのか、と頭の下がる思いだった。

バックナンバー

2008/11/18 NO.494号
"子育て授業"の勧め(11月18日)
2008/11/14 NO.493号
ウサギとカメ(11月14日)
2008/11/13 NO.492号
暮らし向上のための丁寧な税制改革を(11月13日)
2008/11/08 NO.491号
オバマ新大統領と日本の挑戦(11月8日)
2008/11/03 NO.490号
松山にも「埋蔵金」がある(11月3日)