トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2009/09/09(水) NO.545号 

託された期待と責任を胸に(9月9日)

 総選挙から一週間余り。地域のお世話になった皆様に、ご挨拶に回る。
一緒に喜んで下さる笑顔の中に、これからへの厳しい励ましをたくさんいただく。

「当確が出たときは家族や近所の皆さんと大喜び。涙が止まらんかったんよ。」
「やれ、厳しかったなあ。民主党に勝たせ過ぎたんがちょっと不安やな。」
「自民党はこんなときにいつまでもガタガタせんと、早くしっかり体制を立て直さないかん。」
「今度こそ本当に変わってほしい。みんな、ほんとは自民党好きなんやけん。」
「これからが本当の勝負ぞ。しっかり頑張れよ!」

 皆さんのお声をいただき、改めて今回の選挙の意味と重さを思う。

 選挙中、事務所に高齢の男性から電話があった。
「入院中の重病の妻がどうしても塩崎さんに投票したいと言っている。おそらく妻にとって、最後の投票になると思うが、何とか病院でできないものだろうか。」との切実な相談もあった。調べたところ、その病院で期日前投票が出来ることが分かり、すぐに連絡を差し上げた。何ともありがたく、本当に多くの皆さんのこうした必死の応援のお陰様で引き続き国会で仕事ができることになった。

 私に託された期待と責任をしっかりと胸に、さらに努力精進しなければと、改めて心に誓う。

注:公職選挙法上、ホームページ・メルマガ等で皆様にお礼を申し上げることは禁じられております。なにとぞご理解賜りますようお願いいたします。なお、開票当日の本人の皆様へのご挨拶は塩崎のホームページより動画でご覧頂けます。是非、以下のリンクからご覧ください。

公式ホームページ http://www.y-shiozaki.or.jp

バックナンバー

2009/09/28 NO.548号
党再生により政権奪還を目指せ(9月28日)
2009/09/21 NO.547号
国家戦略室等の抱える二つの問題点(9月21日)
2009/09/14 NO.546号
誰のための公教育か(9/14)
2009/09/09 NO.545号
託された期待と責任を胸に(9月9日)
2009/09/08 NO.544号
立候補者全員での総括の場を(9月8日)