トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2014/08/11(月) NO.797号 

土地家屋調査士業務充実に身を捧げ

 松山空港発朝一番の便で上京、議員会館でいくつかの面会を済ませ、急ぎ東京駅か
ら長野新幹線に飛び乗る。かつて私が特別に親しくご指導を受けながら、去る7月2
5日、84歳で急逝された元全国土地家屋調査士政治連盟会長、故井上孝三郎氏の弔
問のためだ。ご自宅は群馬県高崎市。今月23日に本葬が執り行われるものの、私は
どうしても都合がつかないため、事前にご挨拶をすることとした。
 
 年齢こそ離れていたものの、とにかく自分の息子のように特別に親しくお付き合い
頂いた。議員会館の私の部屋にも、選挙の際には私の選挙区にも、何度となく来て下
さり、大阪で調査士関連の全国レベルの会合があった際には、ずいぶん長い時間、二
人っきりで様々なことを語り合ったこともあった。政治連盟の会長として立派な仕事
をされながら、お人柄はどこともなく茶目っけがあり、いたずらっぽい目でいつも人
を笑わせておられた。
 
 個人事務所は50年以上下仁田町にあり、毎年のように立派な下仁田ネギを送って
きて下さった。それを内心楽しみにしていた私の妻は、愛媛の柑橘などを返礼に送ら
せて頂き、その度に「孝三郎さんは元気ね」と我が家の食卓の話題となっていた。
 
 7月初には東京でご子息と食事をするほどの元気さだったが、その際やや元気がな
かったという。しかし群馬に戻り、いつも通り法務局に自分で運転して仕事をこなし
に訪れた際、かなり弱って見えたようで、法務局の方が奥さまに電話をして来られ、
注意喚起をされたそうだ。念のために入院して大事を取っていたところ、誰も予想も
しなかった突然の急逝となってしまった。
 
 ご自宅を訪れ、祭壇の前で手を合わせ、ご冥福を祈る。応接の壁には、私と一緒に
内閣官房長官室で2007年4月に撮ったツーショット写真が飾ってあり、奥さまによれ
ば、それを皆に自慢してくださっていたという。もう、並んで一緒に写真を撮ること
はない。孝三郎さん、安らかにお眠りください。合掌。

バックナンバー

2016/01/01 NO.803号
謹賀新年
2015/10/14 NO.0号
TV出演情報『NHKニュースウォッチ9』
2015/03/25 NO.802号
頑張れ!松山東高校!
2015/01/01 NO.801号
謹賀新年
2014/12/24 NO.800号
第三次安倍政権の始動