トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2011/12/10(土) NO.689号 

充実感なき臨時国会閉幕

 昨日、臨時国会が閉会した。遅きに失した復興予算である3次補正予算は成立したものの、政府提出法案の成立率はたった34%の最低水準。昨日は参議院で一川防衛相、山岡消費者相の問責決議案が可決されたものの、全体としては、全く充実感のない臨時国会の閉幕で、申し訳ない限りだ。東日本大震災、福島原発事故の被災者、避難者から見れば、国会議員よ、もっと働いてくれ、との憤りを感じておられるのではないか。

 そんな中で、一昨日、国会に設置する福島原発事故調査委員会の委員長、委員が衆参両院議長から辞令交付を受け、正式に就任された。続いて開催された両院議院運営委員会合同協議会に10名の委員が勢揃いし、一人一人が自己紹介と抱負を述べられた。委員長からは、国民による、国民のための、国民の調査を行う固い決意が披瀝された。続いて、それぞれの委員から格調高く、徹底調査への決意を語って頂く。感動的であったのは、福島第一原発の1〜4号機がある大熊町の蜂須賀商工会長の発言で、胸に迫り、涙がこみ上げてきたのは、私だけではなかったはずだ。

 その後、各党からの調査委員会に期待すること、要望等の申し入れを行った。私も最初から提唱してきた者として、自民党を代表して発言。同委員会は、これから約半年間かけて、法定された調査権も活用して事故原因の徹底究明を行うとともに、教訓に基づく政策提言も行って頂く。政府からも、業界からも、そして政治からも独立し、独自の民間人中心の調査スタッフから構成される事務局と一体となっての調査だ。何から何まで、憲政史上初めてのことだ。調査結果に大いに期待したい。


※当日の全委員の発言、及び国会議員からの申し入れの発言の動画は、「衆議院TV」
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=41488
でご覧いただけます。
私の発言部分は「YouTube塩崎やすひさチャンネル」
http://www.youtube.com/watch?v=SDTa5pwkB8E
でもご覧いただけます。

バックナンバー

2011/12/10 NO.689号
充実感なき臨時国会閉幕
2011/12/02 NO.688号
国民の安全のために最も有効な仕組みとは
2011/11/22 NO.687号
地に足を付けた丁寧な取り組みを
2011/11/10 NO.686号
緩んだ資本主義
2011/11/04 NO.685号
世界経済の危機回避