トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2000/08/11(金) NO.65号 

やはり日本は韓国に比べても変化が遅い!?

 朝、旧知のキム・サンウー民主党国際協力委員長と朝食。金大中大統領の側近の国際派で、国会議員を1期務めたが、前回落選。それも南北首脳会談への反発票が敗因のひとつ、と聞き、朝鮮半島統一問題の根深さを知りました。今月末、昨年もいっしょだったダウナー豪外相とスリン・タイ外相共催のオーストラリアでのアジア・太平洋会議で再会の予定です。
 
 夜、やはり金大中大統領側近の若手国会議員のチャン・ソンミン氏らと会食。前日から、山本一太参議、河野太郎代議士らと議員交流の会を開催し、一行を飛行場に見送ってから来られたとのこと。いろいろな話に花が咲きましたが、ショックだったのは「韓国はこのところかなり変化してきたが、日本はなかなか変われない国。やはり日本は経済で、韓国は政治でお互いに模範を示そう」と言われたときでした。
 日本の政治はここまで言われるほどちゃんとしていないのだな、と改めて思う一方、では経済で自慢できることをキチンキチンとやっているか、と言えば、これまた寂しいものがあります。日銀が政策決定するのに、昔通り「サルのマウンティング」よろしく経済政策のアマがよってたかって皆で中央銀行に圧力を露骨にかけてもへっちゃらだし、そもそもバブル崩壊後10年経った今日でも、そごう問題に見られるように不良債権問題(企業サイドからみれば不良債務問題)は改善どころか問題先送りで一部悪化すらしている体たらくです。
 韓国では財閥の多くが解体され、銀行も徹底的にリストラされ、会計制度などもすっかり透明化されるなど、痛みも当然伴う改革をドンドン導入していって今日の元気な経済を取り戻しているのです。日本では2年前の金融国会で見られるように、つらければ事の本質から目をそらし、逃げ回るばかり。結果として経済が低迷し続けますが、よく考えれば、これも大事なときに決断できない「政治の貧困」がなせる結果といえましょう。
 やはり政治がしっかりし、ドーンと腰を据えて難問解決に向け爆進しなければなりません。自民党が本当に変われなければ、「自民党の明日を作る会」を「日本の明日を創る会」にアウフヘーベンしなければならないことになる日も遠くないのかも・・・・

バックナンバー

2000/08/12 NO.66号
(今年も松山祭りで汗をかく)
2000/08/11 NO.65号
やはり日本は韓国に比べても変化が遅い!?
2000/08/10 NO.65号
朝鮮半島問題の原点を見る
2000/08/09 NO.64号
日朝、日中は筋を通して
2000/08/09 NO.63号
何のための「独立性」か