トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2001/11/09(金) NO.236号 

触法精神障害者の処遇の概略が固まる

 自民党の「心神喪失者等の触法および精神医療に関するPT報告(案)」が一応まとまった。先週熊代案が提示され、今日修正されたものについての議論が行なわれ、今後の扱いは熊代座長に一任された。
 ポイントは「治療措置(仮称)制度の創設」だ。判定機関は地方裁判所におかれ、裁判官を長とし、精神科医、精神保健福祉士等の精神医療関係者で構成される。問題はこの判定機関の帰属は「司法」なのか「行政」なのかであるが、「その中間のようなもの」との説明で、意味不明だ。法制局の判断を仰ぐ様だ。また、判定は合議制なのか、それとも裁判官が決めるのかが明らかではない。
 私からは三点発言。(1)この判定機関は、やはり合議制にすべき。(2)保安処分的表現を和らげてくれた事を評価する。(3)かつて私が「二段ロケット」と称したが、二段目の精神障害者医療と福祉の充実強化は「ダイヤモンド・プラン(仮称)」として報告書に入れて頂いたが、自民党での検討の期限を切って、先送りすることなく速やかに、確実に実行すべきではないか。
 今後与党での協議があるが、法律を詰め、要綱が出てきた時にもう一回検証しなければなるまい。是非ご意見のある方は、私にメールなどでお知らせください。

バックナンバー

2001/11/09 NO.236号
触法精神障害者の処遇の概略が固まる
2001/11/08 NO.235号
タイの大臣は若くてレベルが高い!
2001/11/06 NO.234号
政策立案に特化した大学院
2001/11/04 NO.233号
第一、第三養護学校文化祭に行く
2001/11/03 NO.232号
下手な歌をまた歌う