トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2002/03/27(水) NO.271号 

辻元代議士辞任の意味する事

 辻元代議士が昨晩、ついに議員辞職願を衆議院議長宛に提出、明日の本会議で正式許可される。「議員は辞職しますが、社民党は辞めません」と言う言葉を、このたぐいの記者会見では珍しく明るい表情で残していった。
 どうあろうとも、嘘をついたことは許されないし、非合法的な行動をしていた事が明らかになった以上、議員辞職は不可避だったろう。彼女のこだわった「ワークシェアリング」は通用しない。もっとも、社民党全体の問題でもある、という解釈はよく聞く。
 現在の「年齢」と「公設秘書経験年数」のマトリックスのみで決まる公設秘書給与が、実態とかけ離れている事も事実だ。だから今回のようなブラックマーケットが生まれ続けてきたのだ。一定範囲の人件費の範囲内で、それぞれの国会議員が必要と思う人数の秘書を公的に雇用してもよいようにし、それぞれに年金や健康保険等を用意する、というのがもっとも望ましいのではないか。多様な勤務形態と能力に応じた給与を支払うのが自然だろう。もはや決断のときだ。

バックナンバー

2002/03/27 NO.271号
辻元代議士辞任の意味する事
2002/03/13 NO.270号
国家のガバナンスを変える事が不可欠
2002/03/12 NO.269号
私学はもっと自由であるべき
2002/03/03 NO.268号
竹中大臣、辞表を胸に断固として臨め!
2002/03/03 NO.267号
国益実現に資する外交政策立案システム構築を