トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2002/04/28(日) NO.275号 

連休はハーバード大学などで講演

 明日から訪米。29日は母校ハーバード大学行政学大学院( Kennedy School of Government, KSG )で基調講演とパネルディスカッション。「日本はいつ再起するのか?」とのテーマで、私の基調講演後、ジョセフ・ナイ KSG 学長、エズラ・ボーゲル教授、W. オーバーホルト客員講師、川島元外務省事務次官と議論。当初日本から留学中の学生さんからのプライベートな対話のお誘いだったが、私が留学中からあった Forum という校舎内の吹き抜けイベントホールで行なわれる正式の定期的討論イベントに正式になったようだ。何か信じられない感じだが、プレッシャーでもある。

ハーバード大学 KSG のホームページで、リアルタイム(日本時間 30日午前7時より)で見れるそうですので、時間のある方は以下のアドレスにアクセスし、是非ご覧ください。

URL : http://www.iop.harvard.edu/calendar-forum.html 

 翌30日はワシントンへ移動、旧知の経済政策担当大統領特別補佐官と昼食後、日米国会議員でパネルディスカッション。1日には恒例の日米国会議員会議に参加。94年の5月、野党時代に初参加して以来、ほぼ毎回参加している。
 1日夕方、ニューヨークへ移動。ジャパンソサエティにて翌日の会議のワーキングディナー。2日の会議では、「日本の病める銀行システムは立ち直るか?」とのテーマで、私が朝の基調講演を行なう。特別検査結果への失望が強い事は想像に難くない。パネルディスカッションの後、オニール財務長官が締めくくりの講演を行なう予定だ。
 4日に帰国し、5日は「報道2001」に生出演後、直ちに帰松。結構忙しい連休になりそうだ。

バックナンバー

2002/04/28 NO.275号
連休はハーバード大学などで講演
2002/04/21 NO.275号
もぐら叩きでは直らない銀行の問題
2002/04/12 NO.274号
将来を考えない金融行政
2002/04/08 NO.273号
加藤元幹事長の辞任の教訓を活かせ
2002/03/27 NO.272号
エンロン問題を議論、減損会計早期導入を催促