トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2014/01/09(木) NO.785号 

日米議員外交復活に向けて

 昨日午前11:10成田空港発の便で米国ワシントンDCに向かう。日米議連の中曽根弘文会長、小坂憲次幹事長、それに事務局長の私の、三日間、三人旅だ。機中、下村文科大臣と一緒だった。

 ワシントン入り後、まずはリチャード・アーミテージ元国務副長官を訪問。同氏は、安倍総理の靖国参拝は、主権国家の首相候補が、民主的選挙において公約した事を約束通り行った事であり、既に終わった話だ。これからは、日米同盟強化、日中、日韓関係改善に、未来志向で当たるべきだ。その際、日本が最優先しなければならない事は、日本経済の再生、強化、と強調。経済、経済、経済だ、という。

 共和党上院ナンバー2である院内幹事を務めるジョン・コーニン議員を、上院議員会館で最も新しい棟にあるオフィスに訪問。空軍におられた父上の勤務の関係で、立川の高校に通った事があり、尖閣諸島の施政権でもわが国の正当性確立に向けて書簡が発出されたが、同議員は署名上院議員8名の一人で、親日派だ。安倍政権の今後の経済政策、日本による北朝鮮への政策姿勢等に関し質問を受ける。

 続いて米国の代表的シンクタンクの一つであるCSISの新築自社ビルを訪問し、旧知のマイケル・グリーン上級副会長と意見交換。今後日米議連として特に注目すべき上下両院議員の成長株に関し考えを聞く。集団的自衛権の行使容認問題などに関し、日米同盟、東アジアの安定化にとっての意味合いなどを議論。

 明日、明後日と、議員、シンクタンク、学者、国務省幹部・元幹部など、幅広い人脈にお会いして意見交換するとともに、特に、人間関係構築に力点を置く予定だ。

バックナンバー

2014/03/11 NO.788号
3.11 の教訓を国際的にも活かす
2014/01/22 NO.787号
愛媛の若者達に勇気をもらった
2014/01/12 NO.786号
より重層的、強固な日米同盟関係へ
2014/01/09 NO.785号
日米議員外交復活に向けて
2014/01/08 NO.784号
幅広い国民との対話こそより良い規制への道