トップ > やすひさの独り言

やすひさの独り言 Yasuhisa's Soliloquy 今一番伝えたい考えや想いをお伝えいたします

  • メールマガジン登録・解除
  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー
2008/09/02(火) NO.480号 

早急に政治への信頼回復を(9月2日)

 韓国・ソウルで行われた中央日報主催「J-Global Forum 2008」という会議に出席の後、昨晩10時過ぎに金浦空港から羽田空港に戻ったところで福田総理退陣表明を知る。あまりに突然で愕然とする。

 昨秋に続き二度目の突然の退陣。自民党国会議員として本当に申し訳なく、国民の皆様にまず心からお詫びを申し上げなければならない。福田総理は、内閣改造をついひと月前に行い、さあ、これから経済対策、消費者庁設置法案、テロ特措法延長など臨時国会での難問や年末の税制改正、予算編成に立ち向かうぞ、との意気込みなのだろう、と考えていた矢先。私たちでも理解に苦しむのだから、国民の皆様はなおさら困惑されているはずだ。政治に対する不信感はさらに募り、我々にとってこれをどのように克服し、政治への信頼回復を図るか、一段と困難かつ重要な課題になってしまった。

 開かれた総裁選挙を早急に行わなければならない。我が国に山積する問題への政策対応、未来創造について徹底的な議論を行い、日本の将来を真剣に問い直す場にできるだけ多くの国民の皆さんに参加してもらうことが大事だ。存亡の危機に瀕する日本と自民党の今後について大いに議論し、この国を前に進めていくための処方箋をしっかり提示していかなければならない。

 我々国会議員は、派閥がどうこうという次元を超えて、一人一人の政治信条と価値観に基づき皆ゼロから真剣に日本の将来を考え判断を下すことになるだろう。それでこそ、この混迷の中から次代の日本を導く力強い政策ビジョンが浮かび上がってくるはずだ。

バックナンバー

2008/10/04 NO.484号
暮らしの声のど真ん中で(10月4日)
2008/09/27 NO.483号
誇りを持って島に生きる(9月27日)
2008/09/22 NO.482号
新体制の下、政治への信頼回復を(9月22日)
2008/09/10 NO.481号
自民党のラストチャンス(9月10日)
2008/09/02 NO.480号
早急に政治への信頼回復を(9月2日)