トップ > マスコミファイル

マスコミファイル MassMedia File 塩崎やすひさに関する取材、記事をご覧いただけます

  • 全タイトル一覧
  • バックナンバー

愛媛新聞-2004年2月16日掲載記事

過剰な評価されても…

〜永田町えひめ〜

「素直に受けとめたいが…」―。日英の有識者が政治や経済、安全保障問題などを協議する日英21世紀委員会の座長として英国を訪れ、ブレア首相らと会談した自民党の塩崎恭久氏(衆院1区)。イラクへの自衛隊派遣に対する反応が「前向きな評価ばかりだった」ことに当惑気味だ。

自衛隊派遣に踏み切ったことで、日本を見る目ががらりと変わったように感じたといい、「初めて一人前の国として認められた気がした」。

しかし、「戦闘行為もするのか」などと明らかな誤解があったり、そうでなくても、「次はどうするのかね」と、さらに踏み込んだ行動への期待をにじませた質問も出たりしたという。

「日本の立場はきちんと説明しておいた」。イラク復興に向けた両国の役割・手法は異なっており、"過剰"な評価や期待をされては困るとの思いも募ったよう。